引っ越し 相場 3月

3月は、新入学や新卒・異動などの最も盛んな時期で
引越しの繁忙期(年間でも最も引越し業者が忙しい時期)です。

 

そのため、引越しの料金相場が最も高い月となります。

 

一例として通常月が10万円の料金だとした場合
3月の引越し料金は「約15万円〜20万円」程度
という感じになる傾向があります。

 

通常相場の「おおよそ1.5倍〜2倍程度」となります。
※引っ越し業者にもよりますが。

 

また、トラックが足りなくなるなど
引っ越し業者が対応に最も追われる時期で
3月に入ってから予定を押さえられない方が出てくる時期でもあります。

 

できる限り安い料金で引越しをしたい方が
避けたい時期が3月と言えます。(=最も相場が高い月)

 

もし、可能ならば2月に前倒しするか?
あるいは、早めに引っ越し業者の予定を確保するなどの
対応をしておいた方が良い月と言えます。
※通常であれば、1ヵ月前ですが、2か月ぐらい前が理想と言えそうです。

 

 

3月末 引越し 相場

3月末の引越しの相場は年間で1番高い・・・。
その理由などについて

 

冒頭に書きましたが・・・。

 


通常期の引越し料金相場の一例

 

で言えば
料金の平均目安は?
(通常期の100km以内の場合)

 

「一人暮らし」(転勤、単身赴任など)
・約6万円前後
※3月末の相場は約2倍

 

「二人暮らし」(新婚、カップルなど)
・約8万円前後
※3月末の相場は約2倍

 

家族(三人以上)
・約11万円前後
※3月末の相場は約2倍

 

家族(4人以上)
・約14万円前後
※3月末の相場は約2倍

 

 

また、3月末はまさに、引越しの繁忙期。

 

 

最も避けたい時期ですが・・・。
それでも、引っ越しさざろうえない

 

という場合には
複数の候補を確保しておき
業者の予定を優先にするのも手
と言えるかもしれません。

繁忙期 引越し 相場

できたら避けたい・・・。
繁忙期(3月)の引越し。


理由は、単純ですが
引越しの料金相場が最も高い。

 

2月中か4月にズラせるなら
3月の引越し相場の半額以下
になる事も実際にあります。

 

また、どうしても
アルバイトを増員するため
あまり経験のあるスタッフが来るケース

そもそも予定が取れないと言ったケースも想定されるのが
引越し繁忙期の3月になります。

 

 

それでも、どうにもならない・・・。
4月に新生活を迎えるためにも
3月に引越ししたい!!!

という場合には、複数の引越し業者を候補として

検討されると良いでしょう。

 

 

繁忙期の3月の場合
優先順位は料金相場よりも
業者の予定を確保を重視しておくと良いでしょう。

 

とはいえ、引越し料金は安いに越した事はないので
予定が確保できる業者の見積もりを比較して
その後に値引き交渉
されると良いでしょう。