引っ越し 相場 時期

引越しの料金相場を知らず
引っ越し業者の言い値の料金で契約して
高い料金を支払ってしまったようです・・・。
そういった体験があります。

 

後に知りましたが・・・。
時期はもちろん。

 

引っ越しの料金の目安や相場を簡単に知る方法がありました。

 

それが『一括見積もり』を利用して
複数の引っ越し業者の見積もりをもらい
料金をチェックするという方法です。

 

下記は、無料で使え複数の引っ越し業者に
見積もり依頼できる
便利なサイトをランキング形式で紹介してます。

1位 引越し価格ガイド

>

一括見積もりは【こちら】

提携業者:全国200社以上
厳選最大10社に無料で簡単見積もり!
これまでのご紹介件数:1890万件以上
※2015年11月現在。
◎最短1分で完了(料金相場もわかる)

一括見積もりは【こちら】

2位 引越し侍

一括見積もりは【こちら】

提携業者:全国230社!
口コミ件数多数。
厳選最大10社に無料で簡単見積もり!
最短1分で完了

一括見積もりは【こちら】

3位 ズバット引越し

一括見積もりは【こちら】

厳選業者:220社以上
厳選最大10社に無料で簡単見積もり!
最短1分で完了

一括見積もりは【こちら】

料金相場を知り
おまかせで依頼可能な良い引っ越し業者を知りたい方は?

 

ランキング1位の引越し価格ガイド
ランキング2位の引越し侍
ランキング3位のズバット引越し

 

を利用がおすすめです。
※順位は引っ越し業者数と利用者数を重視しました。

 

時期にもよりますが・・・。

 

複数の引っ越し業者の見積もりを依頼し
比較することで
引っ越し業者の料金相場を把握できます。
=「高い」「安い」の判断がつきやすくなります。

 

料金相場は、
荷物の量や距離及び時期で変わってきます。

 

ほぼ変わらない荷物量や距離で
数万円も料金が安くなる事も少なくないようです。

 

もちろん時期が?
繁忙期か?(3月)
通常時期なのか?によって変わってきます。

 

できるだけ安い料金で引っ越しできる方法とは?

 

まずは、時期をズラせないか?

 

安い費用で引越ししたいなら?
3月の時期は避けるべきです。

 

相場が2倍前後に跳ね上がる時期です。

 

僅か1週間だけ時期が違うだけで、5万円〜10万円
場合によっては半額になるケースもあるのです。

 

時期は?
大きく分けて、繁忙時期と通常時期にわかれるので
その時期毎についての引っ越しの相場については
別の記事で書いています。

 

時期毎の目安になろうかと思います。

 

引っ越し 相場 3月

 

引っ越し 相場 4月

 

引っ越し 相場 5月

 

引っ越し 相場 7月

 

引っ越し 相場 8月

 

引っ越し 相場 10月

 

引っ越し 相場 12月

 

 

到着した見積もりをチェックし、(サービス内容も含め)
時期も含めた料金相場を把握し、値引き交渉を行うという事でした。

 

値引き交渉と言っても?

 

非常に、簡単なのですが
『他社の見積もりしたらが料金が○万円なので、
 そちらにしようと思ってますが・・・
 なんとかなりませんか?』
と一言だけ伝えるだけでOKです。

 

その結果、数万円も料金が安くなりました。
という方も多いですし。

 

あ〜ちょっとした事でこんなに安くなるんだ。」
と、私は知りました。

 

 

荷物の量や距離・時期によって
当然、料金の相場は変わってきますが、
せっかくなら?できるだけ安い料金の方がお得ではないかな?

と思われます。

 

引越し 費用

そもそもですが・・・。
引越し費用ってどう決まるの?

 

疑問に思われる方も多いのでしょうか?

 

引越社や引っ越し業者の

料金相場を決めるポイントとは?

 

まず、時期が重要です。
繁忙期といわれる3月

 

新社会人・新入学や転勤など人の出入りの時期の4月を前に
多くの方が引越しするので、価格相場が高騰します。

 

それ以外の時期は、多少の増減はありますが
通常時期と言えるほど。

 

まずは、最も料金の高い時期の3月を避けられると
費用は抑えられると言って良いでしょう。

 

 

・距離(運賃、時間)
・荷物の量(トラックの大きさ)

上記は提示される料金に大きな差はないでしょう。

 

 

人件費(実費)
オプション(時期、曜日、時間、ダンボール、保険、その他)

上記が大手と地元の中小業者で差が出てきます。

 

引っ越しの費用を押さえるポイント

 

まず、大手の引越社や引っ越し業者の場合

 

・おまかせ(荷造り、荷ほどき、輸送まで全部)
・標準(大型の家具など一部の荷造り、荷ほどき、輸送まで)
※小物は自分で行う
・輸送のみ(荷造り、荷ほどきを自分で行う)

 

といった3つのプランがあり
費用は
(高い)     (安い)
おまかせ⇒標準⇒輸送のみ

 

という形になります。

 

 

ご自身の引っ越しの費用がいかほどか?
知りたい方は【こちら】

 

 

 

費用を押さえる上で交渉できるポイント

 

・人件費(実費)
上記は選択する引っ越しプランによりますが
ご自身でどこまでやるか?
このあたりは交渉の余地あり

 

・オプション(時期、曜日、時間、ダンボール、保険、その他)

 

 

このサイトでも書いてますが
費用を決めるポイントとして
時期は重要な要素
になります。

 

大きく分けて2つに分かれます。
通常時期(3月、4月上旬以外)、繁忙時期(3月・4月上旬まで)

 

時期を意識するならば?、曜日も重要です。
土曜日、日曜日や祝日は割増料金(+20%)

 

深夜、早朝も割増料金(+30%)

 

また、冬の時期は北海道、東北、北陸などは
20%割り増し料金となる地域もあります。

 

という形になっていきます。

 

上記を踏まえて
時期をズラしたり(可能ならば)
できるだけ多くの引越社や引っ越し業者に
見積もりを依頼したりして
料金相場を把握されると良い
でしょう。

 

 

とりわけ費用を押さえられるポイントである

 

・人件費(実費)
・オプション(時期、曜日、時間、ダンボール、保険、その他)

 

を値引き交渉されると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

引っ越し やること

引越しの相場を調べる前や
その後に行っておいた方が良い

引っ越しの際にやることは?



・スケジュール表を作っておくこと

 

 

主に、1か月ぐらい前にやること

 

荷物の整理を始める。
=荷物を減らす。

 

これにより引越しの料金相場は変わってきますので。

 

もし、新居が決まっていなければ?
決めておきたい時期でもあります。

 

新居が決まったあたりで
引っ越し業者の相場が気になっている頃でしょう。

 

下記のページを参考に

 

引越し 相場

 

 

引っ越し業者の相場と
共に見積もり依頼する時期と言えるでしょう。

 

また、ご家族の場合で
お子様がいるなら?
転校の手続きなども確認しておくと良いでしょう。

 

固定電話のある方なら
徐々に移転の申し込みも必要な時期
になってきますね。

 

もし、可能なら?新居のレイアウト(配置)なんかも
考えておくといいかもですね。

 

 

2週間前ぐらいからやること

このあたりになってきますと
いよいよ荷造りを始めるもしくは手配となってきますね。

 

このあたりで
引っ越し業者を決めておくのが理想ですね。
きちんと値引き交渉も忘れずに。

これによりスムーズな新生活が可能になるでしょう。

 

 

あと、郵便局への転送手続きもこのぐらいに
行っていくと良いと思われます。

 

忘れてしまうことが多いので・・・。

 

 

1週間前にやること

 

各種公共料金の変更手続き&引越し手続き
※電気・ガス・水道・携帯電話・保険・銀行・クレジットカード等

はじめての一人暮らしの場合には
インターネット回線の開設なども必要になる方も多いでしょう。

 

 

引っ越しは、
ちょうど見直しをするには良いタイミングでもあります。
ご自身に最適なネット環境を
こちら】でチェックする手もあります。

 

自宅&法人のネット一括比較サービス

 

 

あとは、市役所へのやることも確認しておきたいですね。

転出届(住民票の移し)や印鑑登録など。

 

 

ざっと書いてみましたが・・・
結構やること多いので
スケジュール表に書き込んだり
エクセルで作成したり
すると良いかもしれませんね。

 

いずれにしても、新生活に向けて
万全な準備をしておくと良いでしょう。

更新履歴